枝葉末節

枝葉は広く果てしなく



携帯電話の方はコチラ→  [ 携帯用入り口 ]
「水曜どうでしょう」関連のページはコチラ→  [ どうでR ]
ライフワークのつもりで取り組んでます→   [ するめな気持ち ]








☆  ☆  ☆


GHOOOOOST!!

☆  ☆  ☆


ゲゲゲの鬼太郎 スペシャル・エディション

☆  ☆  ☆


茄子 スーツケースの渡り鳥 コレクターズ・エディション

☆  ☆  ☆


DVDの1×8いこうよ!

☆  ☆  ☆


ハケンの品格 DVD-BOX

☆  ☆  ☆


UDON プレミアム・エディション

☆  ☆  ☆


東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

☆  ☆  ☆


レイトン教授と不思議な町 特典 レイトン教授マスコットフィギュア付き

☆  ☆  ☆


CUE DREAM JAM-BOREE 2006再会

☆  ☆  ☆


CUE DREAM JAM-BOREE 2006「再会」

☆  ☆  ☆


釣りバカ日誌 17

☆  ☆  ☆


ブレイブ ストーリー コレクターズBOX (初回限定生産)

キ・キーマ目当てならBOX買うしかないでしょう
☆  ☆  ☆


シムソンズ 青春版 (完全限定生産)

☆  ☆  ☆


おかしなふたり

☆  ☆  ☆


救命病棟24時 第3シリーズ DVD-BOX

青森ではRABにて4月23日より7月9日まで放送
☆  ☆  ☆


次郎長 背負い富士 DVD-BOX

☆  ☆  ☆


秘太刀 馬の骨

☆  ☆  ☆


社長DEジャンケン隊 1 (1)

第19回にミスターと大泉さん登場
☆  ☆  ☆


鈴井貴之編集長 大泉洋

書店で買う勇気のない人は今すぐクリック!
☆  ☆  ☆


TEAM-NACS COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ

絶望と歓喜 静寂と喝采 誤解と困惑
☆  ☆  ☆


ライナス

☆  ☆  ☆


カメヤ演芸場物語

芸に 生きる
☆  ☆  ☆


アルプス

汗っかきのイエティ
☆  ☆  ☆


100%スープカレー%n

うっかり予約忘れそうに
☆  ☆  ☆


本日のスープカレー

ナチョレモンよりおいしいスープカレーの本
☆  ☆  ☆


CUE DREAM JAMBOREE 2004

一部モザイクあり
☆  ☆  ☆


1/6の夢旅人 二度目のありがとう

ついに!!
☆  ☆  ☆


ハートビート (CCCD)

「銀のエンゼル」テーマソング「トワイライト」「さえないブルー」収録
☆  ☆  ☆


銀のエンゼル

あなたにとっての銀のエンゼルは?
☆  ☆  ☆


銀のエンゼル―出会えない5枚目を探して

エンドロールの先で 物語は生きている

メール便にはご用心


うちは土地を購入した時に一部分割したために、地番が新しくなってます。

そのため、配達関係に結構難儀しております(苦笑)

過去にも何回かネタにしましたが、引っ越して間もなくの頃は楽天などで買い物すると大抵配送業者から「そちらの場所がわからないんですが〜」という電話がきました。
まあそれは当然ですので、電話で目印を伝えると大抵すぐに来てくれました。
でもって、ゆうパックやヤマトさんは一回来たらあとはもう次の配達からはちゃんと来てくれるんですけど、佐川さんだけは未だに「場所がわからないんですが」と電話がきます(苦笑)

ところが電話で確認してくれない配達物があったんですね。

そうです、メ ー ル 便 です。

わたしベルメゾンの愛用者で、新居にもいくつかベルメゾンで購入したものがあったんですが、最初入居前にそろえたアイテムは旧住所にいたころにとりよせた冬のカタログからのものでした。
で、夏が近づく前に住所確認のハガキが届いたのでちゃんとそれを返送して、そろそろ夏のカタログ来る頃だよな〜、カフェカーテンとか夏っぽいのでいいのがあったら買っちゃおうかな〜とワクワクして待ってても全然届かず。
おや? と思ってホームページで確認したら、とっくに夏のカタログは 配送済 扱い。
あ〜、どっかに誤配送されちゃったのかなあと思い、改めてまだ配送されてないものをいくつかカタログリストからクリックしたんだけど、その後もまったく届かず。

日常にかまけてすっかり忘れてた頃にベルメゾンから「秋のカタログ発送しましたよ〜」というノンキなメールが。

いやいやいや、その前に夏のカタログ一冊も届いてないですから!

でもって秋・冬のカタログといえば コタツ !!
ベルメゾンのコタツカバーは毎回かわいいのがあって見るのが好きなんだよーっ

それであわてて問い合わせフォームで「カタログ全然届いてないんですけど!」と送ったらすごく早く返信がきました。

「住所不明でカタログが返送されてますので、自宅に表札があるかないか・何か近所にある目印について教えてください」

・・・脱力。
そっか〜〜、メール便の場合住所不明だとさっさと送り主にもどっちゃうのね。
それで表札はちゃんとあること、古い住所地図だとうちの地番が掲載されてない可能性があること、近所の目印をいくつか書いて送ったら、昨日ようやく秋のカタログが 速達メール便 で到着しました。

何か他に知らないうちに届いてないもの、ないといいんだけどねぇ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
家、建てまっせ! > 入居後半年 : 2009.10.03 Saturday 17:16
comments (3) : -

住んでから欲しくなったもの〜玄関照明〜


最近ヒロがまた夜泣きが再開しまして・・・昼間はヒロが寝てるとわたしも一緒に寝てしまったりして(苦笑)。
なかなかブログをいじる気力がなかったりしました。

さて、ダラダラと書いてます入居後半年シリーズ。
今回は照明の話。

うちの玄関照明はこんな感じです。

ie12237.jpg

風除室の外と中に同じタイプのライトが二つ。どちらもパナソニックの人感センサータイプでムシベール機能つきだったと思います。
ひと夏使いましたが、ライトに虫の死骸がついてる様子は見られません。
人感範囲も広くて、風除室の外についてるものは玄関からかなり離れてるところからでもパッとつくので、夜に外出したときとかすごく便利です。
これはどちらもパナソニックの あかりプラン をそのまま採用です。

便利なのは便利なんですが、住んでから夜に家を出入りしたりするときにふと、風除室内の方だけでももうちょっとデザイン性のある照明を選んでもよかったかなあ〜と。
例えば

こういう感じの。

せっかく外壁が凹凸のある石積み調のものを選んでいるんだから、こういう壁付けタイプのものがあればさぞ陰影が美しく見えただろうに〜。
風除室の中だったら扉を閉めておけば多少は虫も入りにくいわけで、ムシベール機能にこだわる必要もなかったかな? と。

照明に関しては「気に入らなかったらそのうち買い変えればいいよね」って感じであんまりこだわらなかったんですが、天井付けと壁付けの位置の変更は無理なことにどうして気づかなかったんだあの頃のわたし!(爆)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
家、建てまっせ! > 入居後半年 : 2009.08.28 Friday 13:43
comments (2) : -

住んでから欲しくなったもの〜ベランダ〜


カテゴリーが 入居後半年 と言いつつ、もうすぐ8月終わりそうなんですが(笑)

家の間取りの打ち合わせをしてたときには欲しいなんてこれっぽっちも思ってなかったのに、住んでから「ここベランダにすればよかったなあ・・・」なんて思ってたら、旦那さんも珍しく同意見を言ってました。

be1.jpg
この部分なんですがね。
これはちょうど二階の主寝室の窓から身を乗り出して撮った写真です。
うちは総二階ではなく、一階より二階の方が多少面積が小さくしています。
なので、一階の玄関部分と主寝室真下のお義母さんの部屋の上の一部が屋根になってます。

「ベランダにすれば」と最初に言い出したのはうちの実家父ちゃん。
確か建築中の頃にちょうど屋根が出来たあたりで二階からの景色を見た時に「屋根にすんのもったいないな〜」と言ってました。
確かにわたしも初めて二階にあがってこの景色を見た時にそう思ったんですが・・・。
図面で打ち合わせしてたときにはぜんっっぜん「ここベランダにしたいな」なんて思わなかったです(苦笑)
多分、平面図ではどのくらいのスペースができるのかピンときてなかったのと、その頃たまたま見に行ったどこの完成見学会でも展示場でもベランダがあるところがなかったからだと思うんです。
うちの実家にあるベランダ・・・と言っていいのか(汗)なんつーか うなぎの寝床 のサンルームのようなベランダのようなというスペースはあるんですが。

まあでも建ててるときは「仮にこの場所ベランダにすると下のお義母さんの部屋にドタバタと足音響いちゃまずいもんな」と思ってたんですけど。

わりと最近なんですが、うちからちょっと離れたいわゆる分譲地にですね、うちとかなり似てる家が建ってるのを見たんです。
つーかメイン外壁はもろに一緒(笑)。そして貼りわけパターンがほぼ一緒(爆)
で、そこのおうちが玄関部分の上にだけ小さいベランダを作ってたんです。
で、それを見て

be2.jpg
これはフリースペースの窓からの写真ですが。
ちょうどこの正面部分だけでもベランダにしたらよかったかな〜? なんて。

まあでもスギヤマホームさんの新展示場ができたときに見所をいろいろ説明してくれたYさんが
「ベランダって最初の打ち合わせの時に皆さんすごく欲しがるんですが、いざ予算の話になると真っ先に削られるのもベランダなんですよね」
と笑いながら言ってました。新展示場ではあえてそのベランダを大きくとって、ベランダのよさを伝えたいっていう話だったんですけど。
ちなみにわたしたちが間取りの打ち合わせをしてたときによく利用していた旧展示場はベランダがなかったんですよね。
もしこのベランダ付きの展示場で打ち合わせしてたら「うちもベランダ欲しい」って言ってたかなあ。
そして予算の段階で「欲しいけど厳しい〜っどうしよう〜っ」って悩んだかもしんないですね。

ちなみに
be3.jpg
ベランダはなくとも無落雪屋根なので、布団干しはできます(笑)
全面完璧にふっかふかになりますよ〜。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
家、建てまっせ! > 入居後半年 : 2009.08.18 Tuesday 14:50
comments (2) : -

キッチンにおける さわやかな朝日 憂鬱な夕日


さて、更新できるときにはまとめて更新(笑)

のんびり書いてます、入居後半年シリーズ。
今回はキッチンと明かりです。

うちの間取りは北側に東から西に一直線にキッチン→脱衣洗面室→お風呂と並んでいます。
まあ家事動線から考えると極々一般的な間取りだと思います。
でもってキッチンが対面なのも最近の新築住宅ではもうほとんど当たり前の仕様だと思います。

キッチンの東側の壁には間取りを提案されてたときは勝手口がついてましたが、そこは窓に変更しました。
この窓はとても気に入っています。

iehi1.jpg

朝起きるとこの窓から天気の良い日にはサンサンとまぶしい朝日が差し込んでいて、「さあ! まずは弁当作るぞ!」と気合も十分入ります。
入居当初は冬でしたから、起床時間と日の出がちょうど重なったりして、窓の外からお向かいの家の屋根から昇りたての朝日が見えたりしました。
今は起きた時にはだいぶ日が高くなってますが、それでも十分明るい日差しがキッチン全体を照らしていて、とても気分が晴れ晴れとします。

が、しかし・・・。

日が昇れば当然日は沈む。

入居当初の頃はなかった現象が、夏至近くの頃から気になりだしました。

iehi2.jpg

なんでしょう、この退廃的な色合いのキッチン。
はい、夕日の色です。
この夕日の色がどこから来てるかといいますと

iehi3.jpg

お風呂場の窓です。
逆光で撮ったので窓以外の場所が暗すぎですが、実際はもうちょっと明るいです。でもってお風呂場の窓の明るさはもっとです。
ハンパなく明るいです。ピークタイムには直視できないくらいまぶしいです。

これでもう一度キッチンに振り返ってみると
iehi4.jpg

この通り、キッチン全体が茜色です。

いやーー夕日の色って、自分ではキライじゃないと思ってました。
これからの時期だと西海岸・鯵ヶ沢方面にドライブに行ったりすると、海岸線に沈む夕日をぼーっと眺めるのが好きでしたし、買い物帰りに車を運転しててふとみた岩木山にちょうど日が沈む光景が見れたりしたときは「きれ〜〜・・・」とうっとりしたりしてました。

まあでも夕日ってやっぱり、なんかこう気持ちが落ち着くというか。
とりあえず夕日見ながら「さあ日没だから晩御飯作るぞ!」とテンションは上がらないというか(苦笑)
ちょうど夏至の前後あたりが夕食の支度をする時間帯と日没の時間帯がかぶりまして。その頃は時計見てそろそろご飯支度するかな〜と思ってキッチンに立って夕日を浴びた途端にやる気失せたりして(笑)
「あーなんかもうたるいわ〜。お惣菜買うかな〜」とか(爆)

とりあえず対処法としては脱衣洗面室に続く扉を閉めてキッチンのライトを点灯すれば落ち着きますけどね。

いくら 光熱費節約のためにできるだけ太陽の光で家事を! と思っても、茜色の夕日では家事ははかどりませんわ〜。

ちなみに、以前住んでいた貸家もやはり北側にキッチンでしたが、窓は北側にでかい出窓があっただけで東西にはキッチンに直接光が入る窓はありませんでした。
この出窓が冬はもう滝のように結露するわ、窓の外には鍾乳洞のような巨大ツララができるわと大変やっかいでしたが、こと採光に関していうと日中はほぼ一日中一定の光を室内に提供できてたな〜と。
北側=暗いってイメージがありがちですが意外とそうでもなくて、家事をする上では非常にバランスのいい採光だったんだな〜と思ったりしています。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
家、建てまっせ! > 入居後半年 : 2009.07.16 Thursday 14:09
comments (0) : -

現在ダスキンお試し中


貸家の頃は床掃除は掃除機&クイックルワイパーでした。

新居に越してきてたしかそう間もないころ、ダスキンにピンポンされました。
(確か日記のネタにしたと思うんだけど・・・いつだったか忘れた・笑)
ちょうどヒロの昼寝をジャマされたんで「必要ないです!」とあしらったと思うんですがね。

さて半年たった現在。
タイトル通りダスキン2週間おためしやってたりします(苦笑)
どうもクイックルワイパーでは掃除しきれないストレスが出てきまして。
主に2階と階段なんですが。

2階がですね、冬の間は窓を閉め切ってるんでそれほどほこりも目立たなかったんですが、夏になって一日中窓を開けてるようになったら、途端に床のホコリが増加しました。
でもって貸家の頃より2階の面積は倍以上増えてるのでクイックルワイパーを何枚も付け替えなければならなくて面倒だな〜と。

そして一番のネックは階段。
ここのスペースです。
kaidan1.jpg
設計段階ではここは平らな踊り場だったんですが、木工事中に棟梁さんから
「踊り場にすると段差がキツくなるので階段にした方がいいですよ」
ということで、三角形の階段が4つつきました。

で、問題はこの場所。
kaidan2.jpg
この三角のすみっこ!
ここクイックルワイパーで掃除するの無理!
でもってホコリってのはこういうすみっこが大好き! ちょっと手抜きするともうホコリがたまるたまる。

毎回階段を上から下に一通りクイックルワイパーでふいたあとにワイパーから紙を外して、また階段を登ってここの場所に来て手ですみっこを拭くんですが、正直めんどくせーー(爆)

で、日中のワイドショータイムってダスキンのCM多いんですよね〜。
見てるうちになんかだんだん「ダスキンの方がいいかな・・・」とか思ってたところにセールスの人がきたもんで、ついお試し用を借りてみました。
借りたのはダスキンのフェディブルームなんですが、使った感想としては・・・

汚れはさすがにキレイにとれるんですが、柄の部分がすごく華奢で使いにくい(個人的感想)

契約するとしたらこれより安い普通のフロアモップで十分だな・・・。

ついでにハンディモップも置いていってくれたんですが、こちらはもうすっかりヒロのおもちゃになってます(苦笑)
サイズ的にヒロが床のモップかけするのにちょうどいいんですよね〜。
わたしの掃除の様子のマネっこ遊びして楽しんでます。
多分ハンディモップは契約しないと思いますが、似たサイズのモップ探してヒロ用に買うかなあ〜。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
家、建てまっせ! > 入居後半年 : 2009.07.09 Thursday 14:25
comments (0) : -

我が家で一番 残念 なコンセント


さて、入居後半年シリーズ でーす。
今回はコンセントのお話。

うちはコンセントの位置や数についてはキッチン周辺と旦那さんの書斎コーナーはそこそこ細かく指定しました。
キッチンについてはまだ食器棚を買う前でもあったので、余分とも言えるほどつけてもらったりしました。
ダイニング側のカウンター上のコンセントはこちらが指定した場所と違う風につけられそうだったのをわざわざ変更させたりもしました(苦笑)。

結果として、そのあたりは今使っていて非常に満足しています。
旦那さんの書斎コーナーに関してはかなりコンセントつけたつもりでもちょっと足りなかったですが(苦笑)。
パソコン関係ってほんとコンセント多いよな〜〜。


まあしかしですね、これらのコンセントにつなぐ電気製品って、一度コンセントにさしたらほとんどもうずーっとさしっぱなしの物が多いです。

では逆に、いわゆる家電製品の中で毎日コンセントを抜き差しする物って何でしょう?
はい、主婦なら即答! 掃除機 です。

ここで、タイトルにある 我が家で一番 残念 なコンセント を紹介します。


iekon 1.jpg
カウンターの下の方にあるコンセントです。
このコンセントの位置についてはわたしが特に指定したわけでもなく、電気配線関係の図面ができてきた時にあったものです。
スギヤマホームさんの展示場にも同じような位置にコンセントがあります。
このコンセントについては、例えばダイニングテーブルでホットプレートなどを使ったりするときに使うことを想定してました。

が、このコンセント。
現在一階を掃除するのにあたってものすごく便利な場所にあったんです。

我が家の間取りはリビング階段を中心にして全部の部屋をぐるりと一周する感じで繋がってます。扉は全部引き戸なのでなおさら。
でもってですね、ここのコンセントに掃除機のコードをさすと、一階のほぼ全て(お義母さんの部屋とトイレ以外)の掃除を一気にできるんですよ!

コンセントの位置を決めていたとき、もちろん掃除機の使い勝手は念頭に入れてたんですが、当初の貸家暮らしの時は部屋と部屋の間に段差があったり障害物もいろいろ多かったりしたので、例えば廊下なら廊下のコンセント、ダイニングならダイニングのコンセントという具合に掃除する場所を移動するたびにコンセントを抜き差ししてました。
そのイメージがあったので、各部屋や廊下にそれぞれポイントポイントでコンセントは用意してて、入居した当初は廊下に移動するときなどわざわざコンセントを抜いたりしてました。
でもある時ふと、どこまでコードが届くかな? と思ってやってみたら、このカウンター下のコンセントで全部が届いたときにはもうびっくり!

うわーーこれは家事動線がものすごく楽!! と大喜び。

・・・じゃあなんでこのコンセントが 残念 なのか。
それはですね

コードを抜き差しするときに気をつけないと カウンターに頭をぶつける から!!(爆)


わーーはっはっは!!
もう何回頭をおもいっきし ゴ ン とやったか数え切れないっすねーーー!!
最近はさすがに減ってきましたが、油断するといつでも頭ぶつけますよ〜。
あとですね、この高さがまたヒロの好奇心をすごくそそるんですよねぇ。
掃除機のコードさしてさあ電源入れるぞ! とするとすぐにヒロがワクワク顔でコード抜きます。
それでわたしがさすとまた引っこ抜いて〜の繰り返し。

このコンセントが、例えば
iekon 2.jpg
こんな感じにカウンター上付近にあれば、頭をゴンゴンぶつける事も、ヒロに掃除のジャマをされることもなかったかもなあ・・・と。

いや〜もう、我が家にあるコンセントの中で唯一ここが一番抜き差しの多い場所なだけに、非常に残念です。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
家、建てまっせ! > 入居後半年 : 2009.07.04 Saturday 16:29
comments (3) : -

足りなかった収納


さて、入居後半年シリーズ。今回は収納の話です。

うちはまあ結構そこそこ収納スペースは作れたんじゃないかなあと思ってたんですが、一箇所だけ、妹に酷評(苦笑)された場所がありました。

玄関収納です。

ie122391.jpg

この写真はWeb内覧会用に撮ったものですが、スペースとしては一畳分。
間取りの打ち合わせの時にかなり最初の方で「玄関に収納作って!」とお願いして作ってもらったものですが、妹が見に来た時、一目みて

「これじゃ全然足りないよ! 外に物置買うの?」

といわれたので「とりあえずは買う予定はないんだけど・・・」と言ったら

「全然足りないって! これだとスキー置けないじゃん!」

と(苦笑)。
このあたりは冬になると小学校はスキー必修だからねぇ。とはいえ、季節ものは屋根裏収納に置くつもりだったんで、冬の間はスキーは学校に置くか、自宅に持ち帰ったときは風除湿か玄関内にも置けるかな? と思ってたんですが・・・。

今現在。とても写真でお見せできるような状況じゃないです。
もう収納スペースいっぱいに菜園用品が(苦笑)
使いかけの肥料とか堆肥とか黒土とか、あと支柱とか不織布のあまりとか。
まあとにかく片付けるのがヘタというのもありますが、ごちゃごちゃ〜っとつめ放題になっちゃってます。
あと園芸道具は使った後どうしても土まみれになるので、それをちゃんと洗ってからしまえばいいんでしょうけど、使ったものを使ったまましまっちゃってるもんで床がもう土まみれ〜。

いやーーー家庭菜園なめてました(笑)

菜園を始める前はベビーカーもここに収納できてたんですが、今は玄関内です。
そして今ヒロの外遊び用のおもちゃとかも出てきて、これどこにしまっておいたもんかなあと(苦笑)

で、いきなり話は建築中の頃に戻るんですが。
うちの土地は第一種低層住居専用地域で、北側斜線規制もありました。
そのため北側の隣地との間には結構なスペースをあけなくてはならなくて、図面を見た時に旦那さんがしきりに「この部分もったいないなあ」とぼやいてました。「何かここに置けないのかなあ」と。
そしたらですね、Yさんが

「家を建ててから収納を置くのは問題ないんですよ」

と。
「それってつまり、例えばイナバ物置(笑)とかここに置いちゃってもいいんですか!?」と聞いたら、「全然大丈夫」とのこと。
それで旦那さんと「もし収納が足りなくなったら、北側に物置おこう!」と言ってました。

まあでもイナバもヨドコウもホームセンターで見ると結構いい値段しますよね・・・。
とりあえず今は園芸用品だけなんとかしたいので、例えば



このぐらいのものでも十分な感じもします。使いかけや買い置きの堆肥やら黒土やらを下において、上にカマとかハサミとか化成肥料とか置けるかな。

ちょっとフンパツするなら

こんなの置いたらオシャレですかね(笑)
ただ雪とか気象条件に耐えられるかどうか・・・ですが。


これもかわいい感じていいですね〜。こうなると北側に置くのもったいないぐらいです(笑)
こういうのの隣に

こんな感じのワークテーブルを置いて、例えば肥料の計量とかの作業をしたりするのもアコガレますねぇ。

おや、話がアコガレも混ざってしまいましたね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
家、建てまっせ! > 入居後半年 : 2009.06.27 Saturday 15:21
comments (0) : -

トイレでケチりすぎ?(苦笑)


さて「暮らしてみてわかったこと」第2回。今回はトイレです。

とはいえ、子育て経験者には「そんなのわかりきってる事」とツッこまれそうな話なんですが(苦笑)、わたしは結婚前とかあんまり小さい子供と接する機会がなくて、子育てに関する知識や情報はもっぱら 育児マンガ からしか仕入れてなかったものでして。ははは。

そして新居の打ち合わせ中はヒロはまだネンネ〜ハイハイ真っ最中って感じの頃でした。その時には今のような生活は全然想像できてなかったです。

今まで感じてたトイレの不満は

1.真冬の頃はトイレがツンドラ地帯になる
2.トイレ前の廊下が暗い

でした。まあこれは間取りというか建物自体が起因の不満でして、設計段階でこの不満に気づくのは多分自分達では無理だったろうな〜と思います。

これに新たに追加されたもう一つの問題。
これはうちが予算をケチりすぎたのが原因の一つかもしれません。
今トイレで何が困ってるって

ヒロがウォシュレットのボタンで遊ぶ!!

いやーーーはっはっはーー・・・。
まさかウォシュレットのボタンがこれほどコドモの吸引力がある存在だとは思いもしませんでしたよ〜。
今ぼちぼちトイレトレを想定して、わたしがトイレで用を足してる時にもヒロをトイレ内に入れてるんですが、とにかくもうトイレに入ると真っ先にウォシュレットの操作ボタンにしがみついて離れません(苦笑)。
あらゆるボタンを連打されるので、その手を引き剥がすのに忙しくて紙でお尻もふけません(爆)
ちょっとするとこちらの目を盗んで一人でトイレで遊んでそっと戻ってきたりしてるので、旦那さんが用を足したら水圧が 最 大 になってるのに気づかずびっくりしたこともあるそうです。
わたしも水温設定がいじられてるのに気が付かなくて、洗浄ボタンを押したら 冷 水 が出て悲鳴あげそうになりました。

何度も書いてますが、スギヤマホームさんのトイレの標準仕様はTOTOネオレストです。
それを価格交渉の段階で「トイレのグレードは下げていいですよ」と言ったのはわたしです。
この時点では、トイレはウォシュレットさえついていれば何でもいいや〜という感じだったので、その後提案されたものがどういうものなのかの詳細をまっったく確認しませんでした。現物が設置されて初めて「あ、こういう感じのなんだ」とわかったものでして。
それでも昔のものと違ってトイレの内側のフチに溝とかついてないしタンクのデザインもすっきりしてるし、上々だな〜と満足してたんですが。

でももし、今現在打ち合わせしてたなら絶対こう交渉してました。

せめて1階トイレだけはウォシュレットのリモコンはなんとか壁付けタイプにして!!

多分壁付けタイプにしてカウンターのある側にリモコンを設置してたら、ヒロが手が届く頃にはもうこういうボタンの魔力からは醒めてる頃だと思うんですよね〜。カウンターがない側の壁だともう背伸びしまくってでもさわろうとすると思います。
今浴室内のリモコンがその状態(苦笑)。

ウォシュレットのリモコンが壁付けか本体付けかでどのくらい価格差が出るかはちょっとわかんないんですが、でもなんとかYさんにおねだりしまくっただろうな〜(笑)
まあこの不満についてはヒロが成長したら解消される問題ではありますが。
でももしヒロの下に二番目ができたらまた発生する問題でもありますねぇ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
家、建てまっせ! > 入居後半年 : 2009.06.22 Monday 21:47
comments (2) : -

入居後半年、暮らしてみてわかったこと


さて、ようやく夏らしい気配も感じられてきて、うちの蓄暖のブレーカーもついに全部オフになりました(笑)

真冬に入居して季節がガラリと変わり、さて今年はどんな夏になるのやら〜という感じなんですが、とりあえず今現在の段階で、生活してると気が付いた
「これはちょっと不便かも」とか「こういう風にしたほうがよかったのかなあ」とか「お金もうちょっとあればあそこはこうしたかった」とか(苦笑)
もちろん逆に「これはもう計算通り!」とか。

そんな感じのことをつらつらと書いてみようと思います。

第一回は主寝室の照明について





えー、いきなりですがヒロの最近の寝相です(爆)
セミダブルベッドの中央をかなりゼイタクに占拠して寝ております。
・・・絶対寝る位置がこう横になっちゃうんだよな〜。なんでだろう?
頭を壁向きに変えても変えてもかならず90度移動されます。

まあそれは置いておいて、この写真は携帯カメラで撮ってますが、結構明るいですよね。
この状態では主寝室のメインライトはつけてなくて、旦那さんの書斎コーナーのライトだけをつけてます。
img/blog-photo-1245592352.91-0.jpg
いい感じになんちゃって木目クロスの柄も浮き出ててすごく雰囲気いいんですが・・・意外にこれだけでも部屋全体が結構明るいんですよ。

なので、例えば旦那さんが書斎コーナーでパソコンをいじってて、わたしとヒロが先に寝るとしても・・・明かりが結構気になったりします。
かといってこのライトをつけないでパソコンをやられるのはすごく目に悪そうなので旦那さんがライトを消してもわたしが無理やりライトつけます(笑)

このライト、最初はスポットタイプのものにしようかとも思ったんですがカタログを見てもなかなかピンとくるものがなかったので、それだったらインテリア性も考えて明かりプランで出ていたものをそのまま採用したのですが。
光量や光の方向(拡散)まではあまり考えてなかったな〜と。
これ、例えば小さいダウンライトを二個くらいとかだともうちょっとピンポイントに書斎コーナー部分だけを照らせたかなあ? とも思うんですが・・・どうでしょうね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
家、建てまっせ! > 入居後半年 : 2009.06.21 Sunday 22:43
comments (2) : -
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
最近の記事
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール
ドリコムRSS


List me!!
その他